早稲田大学がSAP University Alliancesに加盟、基幹理工学部でのSAP活用カリキュラム導入を予定

sapnews

SAPジャパンは4日、早稲田大学がSAP University Alliancesに加盟したことを発表した。これにより早稲田大学は、早稲田大学、早稲田大学高等学院、早稲田大学高等学院中等部をはじめ、すべての組織においてSAPのソリューションを研究・授業目的で活用することが可能となる。

SAPソリューション活用で全学のグローバル化を推進

SAP University Alliancesとは、学生や教職員が最新のSAPソリューションを教育課程において活用できるよう、世界116か国以上3,700校を超える教育機関を支援するグローバルプログラムである。同プログラムにおいて、SAP S/4HANAなどSAPソリューションに関する学習リソースを提供することで、デジタルな未来に必要な知識とスキルを備えた次世代を担う人材の育成を推進していく。現在、日本国内では青山学院大学や駒澤大学など18校が本プログラムに参画している。

早稲田大学は、2032年に迎える創立150周年に向けて中長期計画「Waseda Vision 150」を策定、グローバルに活躍する人材の輩出など、世界で輝くWASEDAを目指す。本計画では、①世界に貢献する高い志を持った学生、②世界の平和と人類の幸福の実現に貢献する研究、③グローバルリーダーとして世界を支える卒業生、④世界に信頼され常に改革の精神を持って進化する大学という4つのビジョンが策定されている。同校は全学のグローバル化を推進するため、SAP University Alliancesに加盟、研究や授業など学術面でもSAPソリューションを活用していくことを決定した。

本プログラムへの加盟により、SAP University Alliancesやグローバルの教育機関が提供するケーススタディなどの学習カリキュラムや、アカデミック向けの無償SAPクラウドソリューション、SAP Learning Hub, academic editionなどの使用が可能となる。まずは基幹理工学部の授業にて、SAP Analytics Cloudを活用する予定であるという。

Posted by takebayashi