SIerとは?仕事内容やSEとの違い、代表的な企業について徹底的に解説

Slerとは?

Slerとは、「システムインテグレーション」を手掛ける企業です。具体的に、クライアントから受けたシステム構築依頼を、企画から運用バックアップまで、全てを一括して請け負い提供します。ここでは、実際のSlerについての仕事内容や、求められるスキルについて解説します。

SIerの仕事内容

Slerは、クライアントから受けたシステム構築を全て請け負い、一括して提供します。システム構築を進めるうえでの具体的な工程は次の流れです。

  • 企画・戦略の立案
  • 要件定義
  • 設計
  • 開発
  • テスト
  • 納品
  • 運用・保守

SIerは、これらの業務を大きく4つの区分に分けて考え、進めます。 「企画・戦略の立案」「要件定義」「設計・開発・テスト・納品」「運用・保守」の4区分です。

クライアントに対して要件提示、仕様書・プログラムの記述までを担うIT企業や、それ以降を構築するSEとは異なり、全ての工程を進めていきます。

ただし、Slerによっては全ての区分を一括して進める場合と、一部の区分のみ対応する場合と、案件によって異なります。

SEとの違い

用語としてのSlerとSEの違いは、Slerが企業(組織)であるのに対し、SEは技術者(個人)であるという点です。

具体的にSlerの場合、ITのノウハウを活かし、クライアントが求めるシステム構築を提供する企業を指します。

一方のSEは、企業内の業務における、設計や開発、運用管理をする技術者を指します。

つまり、SlerはSEが集まり、クライアントが求めるシステム構築を提供する企業であり、SEはSlerやIT企業の中で業務に携わる技術者のことです。

SIerに求められるスキル

Slerに求められるスキルは、大きく2つあります。

  • コミュニケーション能力
  • システムの設計・開発に関する知識

Slerが事業を遂行していくうえで、これら2つのスキルが、最も重視されます。

コミュニケーション能力

Slerとして求められるスキルの1つが、コミュニケーション能力です。クライアントが求めるシステムを構築していくためには、対クライアントとのコミュニケーションが非常に重要です。

クライアントが行っている業務の理解や、抱える問題をしっかり引き出さなければなりません。また、実際にシステムを構築する際のスケジュールや、仕様についての納得いただけるような分かりやすい説明が必要です。

システムの設計、開発に関する知識

Slerでは、システムの設計・開発に関する知識が求められます。Slerの業務は、クライアントが求めるシステム構築を一貫して提供することが特徴です。

そのために、上流工程から下流工程まで一通りの知識が求められます。従ってSlerでは、システム構築における設計から開発まで、幅広い知識が必要になります。

SIerの企業分類

Slerの企業分類では、大きく次の4つの企業種に分けられます。

  • ユーザー系
  • メーカー系
  • 独立系
  • その他

これらの企業種は、それぞれ業務体系やサービス提供の仕方が異なります。Slerの分類別に1つずつ解説します。

ユーザー系

ユーザー系とは、大企業の情報システム部門から独立した企業です。

具体的な事業の進め方は、分社独立した親会社から仕事を請け負う他、他社からの仕事も積極的に受注し請け負います。

そのため、親企業の案件に依存するだけでなく、大企業内の一部門としてシステム開発をしてきたノウハウを活かし、同業者か問わず、さまざまな業界の案件を請け負う企業が多い傾向です。

またユーザー系は、特定の業種問わず、大手企業等で多くの経験や知識を培ってきた情報システム部門であれば、分立して展開できます。従って、様々な系統からユーザー系に分立するケースがあります。具体的な系統としては、次のものがあります。

  • 銀行系
  • 生命保険系
  • 商社系
  • 通信系

メーカー系

メーカー系とは、コンピューターを主軸としたハードウェアを生産する製造メーカーの、システム部門やソフトウェア部門が独立してできた企業です。

システム構築を進めるうえで、商流の上位に位置するケースが多く、ITゼネコンを構成する企業とも言われています。

具体的な業務体系としては、主に親会社や傘下の子会社、または親会社の顧客からの発注に対応します。

そのため、親会社が経営不振にならない限り常に安定して需要があります。

またメーカー系の場合、親会社がハードウェアの製造メーカーであるため、親会社の製品と融合させた新たなソリューションも提案できます。

独立系

独立系とは、親会社がなく自己資本によって設立されたシステム開発専門の企業です。

また、独立系企業の子会社についても、独立系に属します。

つまり、ユーザー系やメーカー系に属さない企業は全て独立系に属することになります。

具体的な業務は、Sl企業やメーカーからの下請けによるものです。

独立系は、親会社が存在しなことでしがらみも無いため、独自のシステムを自由に構築できることが最大の強みです。

これにより、クライアントの要求に合った優位性の高いサービスを提供できます。

また、幅広い分野の案件に携われるので、知識やスキルが磨かれ、企業としても個人としても成長できます。

その他

その他のSlerとして、外資系Slerやコンサル系Slerがあります。外資系Slerは、海外の企業から資本を受けて設立された企業を指します。

業務内容は国際的な案件が主になり、世界中のクライアントを相手にプロジェクトを進めていきます。そのため、グローバル展開する企業が多数です。

コンサル系Slerは、システム構築にあたりクライアントの現状を理解し、経営戦略に合った提案を推し進める企業です。

具体的には、IT技術を活かしたコスト削減や、システム導入を提案します。

コンサル系Slerでは、システム開発がメインでない分クライアントが納得するシステムの提案力が求められます。

システム構築にSlerが重要

今後もシステム構築において、Slerの存在が重要です。

なぜなら、システム構築をしていくために必要なプログラマーと、プロジェクトを管理できるプロジェクトマネージャーの不足が著しいからです。

このような状況の中で、システムを一貫して構築できるSlerという存在は、今後ますます重要視されます。

ただし、Slerの中で働くワーカー不足についての問題を解消していくことも、また一つの課題でもあります。

Posted by HondaToru