ITコンサルタントとは?SEとの違い・平均年収まで徹底解説!

whatisitconsultant

ITコンサルタントとは?SEとの違い・役割

ITコンサルタントとは、ITを使って企業の課題を解決に導く職業のことです。たとえば、「全社員の労働時間を管理して、残業代を含めた給与の計算を行いたい」と考える企業に対し、労働時間をデジタルで管理できるシステムと、全社員個別に給与の計算を行うシステムを連携させたシステムの提案や導入まで行うのもITコンサルタントが担う仕事です。

ITコンサルタントの業務領域は主に次のようなものが挙げられます。

  • ITの企画や戦略
  • ITを活用した業務改善提案
  • システムの導入や動作検証、運用フローの整備
  • ITのインフラ整備や資産管理
  • ITのリスク管理やぜい弱性などのセキュリティ対策

ITコンサルタントの業務領域は幅広いです。企画や戦略から提案し、システムを導入させ動作検証を行い、その後のシステム運用フローを整備までをカバーします。

ITコンサルタントとSEで「導入決定後の業務内容」としては大差はありません。ITコンサルタントはSEにはない業務として、企業から受注できるよう「企画や計画」のフェーズが存在します。

業務の内容としては、さして差はありませんが、同じシステムを作るのであっても視点や目標が異なるため、IT業界で仕事は似ていますがSEとITコンサルタントには違いが生じることになります。

ITコンサルタントとSEの違い

ITコンサルタントとSEの違いは先にも触れてきましたが、携わるフェーズの違いがあります。そのほかにも、立場の違いや、必要な能力スキル、また年収にも差が出てきます。一番わかりやすいのが、立場の違いです。

SEはクラウドソーシングで1回限りのおつきあいという例もありますが、大企業はもちろん中規模な企業でも社内SEを抱えている場合があります。この場合、SEとして働いていれば、システムの提案から保守運用まで業務を行うため、開発事案がなくとも保守運用面で働き続けることができるでしょう。

ですが、ITコンサルタントは、企業に寄り添って必要であろうシステムを売り込む「セールス」的な側面も持っているため、企業から依頼がなければ倒産の危機にひんしてしまいます。

つまり、ITコンサルタントには、法人として含め自分も商品も売り込むセンスも要求されるのです。

そして、必要な能力スキルにも違いが生じます。開発に必要なプログラミングの知識は同等でも、SEは必要最小限、社内で提案を聞き入れてもらえ、チームで開発が行え、最終的には保守運用までできるコミュニケーションスキルがあればやっていけるでしょう。

一方、ITコンサルタントはその前のフェーズに自社で立てた企画や計画を売り込み採用してもらうためのコミュニケーション能力が必要であるため、依頼を受けたい企業に合わせてコミュニケーションの手段も変えねばならず、意見が通るまでに苦労することもあります。

ですが、企業の下請けという立場であるため、年収も低いと思われがちですが、SEよりも幅広い業務をこなす分、ITコンサルタントのほうが年収は高い傾向です。平均年収としてはSEが平均500万円に対し、ITコンサルタントだと平均650万円となっており、必要なスキルを満たしており年収を追い求めるのであれば、ITコンサルタントのほうが有利な平均年収にはなっています。

SEからITコンサルタントへの転職は可能?

SEからITコンサルタントへの転職が可能か、結論から言ってしまうと可能です。当然、その時々の人材募集状況や、どのようなスキルを持っているのかにもよるため、だれでもすぐに転職可能ということではありません。

SEとITコンサルタントでは、これまでに述べてきたとおり、業務内容や必要とされるスキルに若干の違いがあります。同じシステムを開発する場合、開発段階まで来てしまえば、開発中はSEもITコンサルタントも業務内容に差は生まれませんが、SEがITコンサルタントに転職するのであれば、提案書策定前の「企画や計画」フェーズにまで手を伸ばさねばなりません。コミュニケーション能力が必要になるという話も出しましたが、SEのころよりもITコンサルタントに転職したときのほうが、幅広い企業づきあいをしなければならない分、コミュニケーション能力も不可欠です。

また社内SEではなく委託されたSEである場合、特にクラウドソーシングでのやり取りやSIer寄りのSEだと、「希望していたシステム」が完成すれば必要最小限の責務を果たしたことになります。

一方、ITコンサルタントだと「希望するシステム」にすることはもちろん、「成果が出る設計」であることも求められます。つまり、より高度なプログラミング能力はもちろん、企画や計画、設計能力も必要になってくるわけです。

コンサルタントの仕事である以上、ここで信頼を一度失ってしまえば、二度とその企業との取引がない恐れもあるため、悪く言えば「適当なプログラム」を納品するわけにはいかなくなります。「適切なプログラム」を納品せねばならないため、SE時代よりも向上心が求められるでしょう。

社内SEからITコンサルタントへの転職だと、給与は上がるものの最新のシステムや技術を積極的に取り入れずに、昔ながらの低コストで導入しやすいプログラミング中心になってしまう可能性はあります。この場合、転職は可能でも新しい技術に触れる機会が減ってしまい、やりがいを感じなくなってしまうこともあるため、安易に転職すべきではありません。そもそも社内SEならば、ITコンサルタントより平均年収は低くとも、職を失う危険性は企業が大きければ大きいほど下がります。

リスキーな側面も持っていますが、SEの業務がマンネリ化しており、スキルアップする職として適しているのもITコンサルタントと言えるでしょう。物事を見る側面が変わってきたり、幅広い業務が待っていたり、高いコミュニケーション能力を必要とされたりしますが、その分の給与はもらいやすいのもITコンサルタントの魅力。ITコンサルタントは独学だけでなく、スクールで学ぶこともできますので、転職時に不安な点があるならば、スクールに通っての学習も視野に入れ、より幅広い問題への対処ができるようスキルアップするといいでしょう。

Posted by nakao