SAPジャパン、大手町に「SAP Leonardo Experience Center Tokyo」開設

SAPジャパンは8月5日、イノベーション施設「SAP Leonardo Experience Center Tokyo」を大手町ビルに開設した。

SAPのイノベーション施設「SAP Leonardo」とは?

SAP Leonardo Experience Center Tokyoは、デザインシンキングのためのスペースと、デジタル変革後の姿のバーチャル体験スペース(Immersive Experienceルーム)を備える施設だ。

IoT、AI、ブロックチェーンなど、エンド・ツー・エンドのSAPソリューションポートフォリオが揃えられるとともに、最先端のデジタル機器や技術を活用したイノベーションコンセプトの展示とデジタル変革した姿をバーチャル体験できる。

デジタル変革推進のために必要となるすべてを物理的に1つの施設に集約したという点では、SAPとして世界初の施設だという。

SAP Leonardo Experience Center Tokyoは、次の2つの施設で構成される。

1. ヒューマン・インタラクション・スペース

デザインシンキングを行うためのイノベーションスペースで、ディスカッション、プロトタイピング、アイデアソンなどを行うための環境を整備し、人と人との共創イノベーションを促進する。

2. デジタル・インタラクション・スペース

最先端のデジタル機器や最新技術を活用したイノベーションコンセプトの展示とデジタル変革後の姿を360度でバーチャル体験できる「Immersive Experienceルーム」を中心に据える。デザインシンキングで生まれたアイデアの具体像をイメージ化することができる施設。

Posted by Motus admin