ABAP

ABAPとは

ABAPとは、SAPシステムの開発や製作で使われるプログラミング言語です。

SAPのシステム利用者には、SAPのサービスと共にABAPの開発環境が提供されます。ABAPは、SAPのアドオンを独自開発する際などに利用されます。

用途や処理内容に応じてプログラムの種類が定義されており、具体的な例として、モジュールプールや実行可能プログラム、汎用グループなどがあります。

ABAPを利用してソフトウェア開発ができる技術者は「ABAPer」と呼ばれることがあります。

« Back to Glossary Index

Posted by takebayashi