AP(債務管理)

2019年12月13日

AP(債務管理)

SAPのERPパッケージは、業務分野を「モジュール」として大別しています。AP(債務管理)とは、会計系モジュールのひとつです。財務会計(FI)モジュールのなかのサブモジュールとして位置付けられており、仕入先別の債務管理に関するプロセスが主な対象となります。

会計系のモジュールには、ほかにもGL(総勘定元帳)、AA(固定資産管理)、SL(特別目的元帳)、TR(財務、資金管理)などがあります。

 

« Back to Glossary Index

Posted by takebayashi