GL(総勘定元帳)

GL(総勘定元帳)

全ての会計伝票が記載された財務会計の基本となっている勘定科目別の帳簿のことで、取引の内容や残高を把握できるようになっています。企業の資金の流れを記録する帳簿で、総勘定元帳は取引が発生した時点で必ず毎回記入しなければならない「主要簿」にあたります。取引量の増加や勘定口座の増加に応じて、各種の補助元帳を設ければ、総勘定元帳の勘定はほとんど補助元帳の記帳を一元化した統制勘定になります。営業活動の全体把握に役立つため、これを基準に損益計算書や賃借対照表が作成されます。

« Back to Glossary Index

Posted by takebayashi